株式会社アクトゼロ 株式会社アクトゼロ
設立:2008年5月1日
代表取締役社長:関谷 耕一
本社所在地:東京都新宿区岩戸町17 文英堂ビル7F
事業内容:マーケティング全般の企画、調査及びコンサルティング業務、インターネット、モバイル等のウェブサイト及びコンテンツの企画、制作、開発、運営業務テレビ、ビデオ等の映像媒体及び、ラジオ、舞台の企画、制作業務イベント、セールスプロモーションの企画、制作、運営業務広告の計画、制作並びに広告代理店業務全各号に付帯又は関連する一切の業務

導入の背景

[ビジネスチャット]というキーワードを耳にする事が増えてきましたが、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を徹底している弊社では指定したツール以外を利用する事ができない為、関連して取りざたされるシャドーIT利用問題などの心配はしていませんでした。
経営視点から見ると、正しく利用するビジネスチャットには気軽で速度の早い社内コミュニケーションが行えるなど、ビジネスを加速させる為のメリットが十分にあると感じていましたが、このメリットを取り入れたい、と経営陣より早く要望の声を上げたのは弊社のエンジニアチームでした。導入目的として、[社内コミュニケーションの簡略化]・[外部連絡とのすみ分け]を軸に、利便性が高く、弊社ISMSの基準や運用にマッチするビジネスチャットの検討を開始しました。

導入決定

<選定時の比較項目>
・文書検索において全文検索に対応している
・豊富なスタンプ
・UI/UX の使いやすさ
・セキュリティ面(WAF/ 脆弱性診断/SSL 暗号化)
・価格面

複数のビジネスチャットを検証した結果、TEんWAを利用したいと報告を受けました。
使いやすさが高評価であった事は勿論、TEんWA独自の優位性として全文検索に対応している事や幅広い年齢層で利用できるスタンプの豊富さなどが挙げられました。
経営層は、セキュリティ面を特に重要な評価基準としましたがその点においても万全であるTEんWAに魅力を感じました。電話やテレビ会議室、プライベートSNSとの連携など、多岐に渡る機能は弊社の場合不要でしたので、チャット本来の操作感や費用感を総合評価した上で、TEんWA採用を決定しました。

導入効果

外部連絡とのすみ分け効果

導入目的として期待していた効果は十分に感じています。
全ての連絡をメールで統一していた頃は、お客様からのメール対応を優先した結果社内メールの見落としが発生し、情報共有に遅れが生じるという課題がありましたがTEんWAを導入してからは、社内連絡をチャット集約した事で共有漏れがなくなりました。展開資料も一元化され、社内情報は全てTEんWA上で確認できる為、必然的に外部連絡とのすみ分けが実現されました。ISMSのルールに従い、ファイルは3ヶ月で削除しクリーンな運用を心がけています。

広がる社内コミュニケーション

導入検討の段階ではチャットツールの導入で社内コミュニケーションが減少するのではないか?という懸念もありました。結論としては、気軽に連絡が取り易くなった分新たなコミュニケーションが生まれ、活発化しました。
本格導入した現在は、7名のチームで1日平均30~40件程度のやり取りが行われ、順調に運用が定着しています。
静かなオフィス内で、雑談ではない、意味のある意思の疎通が活発に行われている事を実感しています。

管理職のマネジメントに変化

TEんWAの効果を一番実感しているのは各チームのリーダーです。当日残業の申請をメールで行っていた頃は、帰宅後PCを開き1つずつ返信する手間がかかっていました。TEんWAは帰宅途中にスマートフォンからリアルタイムで承認を行う事ができる他、長期出張や休暇中のトラブルや判断依頼にも対応できる為、全体の業務スピードが向上しました。

先日、管理職が長期休暇を取得した際も、メンバは問題なく業務を行う事ができました。判断スピードの遅れで生じる滞りも無く、無事乗り切れたのはTEんWA活用の効果に他なりません。休暇中の仕事を推奨している訳ではありませんが、今回の件は、管理職がスポット的に現場勤務から外れてもツールで補完できたという良いテストケースとなりました。

代表取締役 関谷 耕一 様のコメント

ビジネスチャット「TEんWA」のポテンシャルについて

◎社内コミュニケーションの増加を図るスタンプなどが追加されている
◎仕様がシンプルである
◎セキュリティが担保されている

上記が決定の要因でした。現時点でも満足していますが、想定していなかったコミュニケーションや 活用事例などを共有して頂けるとより濃度の高い使用状況になるかと思っています。将来的には、分析機能の実装に期待しております。
社員の発言に応じて社内は今ポジティブ傾向にあるのか、誰と誰のコミュニケーションが活発かなど普段目にしにくい状況を分析し組織作りや経営に活かせる事は会社にとって大きなプラスであり実現できれば、社員と共に会社を成長させる上でTEんWAは欠かせない1つのアドバイザー的ツールになる事でしょう。
将来を見据えて今回、TEんWAの導入を決定致しました。

社内コミュニケーションサービス「TEんWA」に関するお問い合わせ、
30日間の無料トライアルはこちらから簡単に行えます。