社内コミュニケーション

ビジネスを円滑に進めるために!必要なスキルとは!?

25_1

☆悩みは職種共通!?欲しいスキルはコミュニケーション能力

どんな職種で仕事をする場合でも、その職種に関する専門能力が求められます。専門能力が高くなれば、その職場で果たせる役割も増えますし、多くの成果を出せる可能性があります。しかし、専門能力があるだけではビジネスパーソンとして成功することは難しいでしょう。会社員であれ個人事業主であれ、誰の協力も得ることなくできる仕事は皆無です。自分だけでやっている仕事だと思っていても、見えないところで多くの人が協力してくれることで、仕事は成り立っているものです。そのため職種に関わらず、コミュニケーションのスキルがないと、専門能力を発揮して仕事の成果を出すのは難しいでしょう。

続きを読む

ビジネスコミュニケーションの重要性

24_1

☆仕事のトラブル!原因はコミュニケーションにある?

会社の中では皆、役割や立場も違います。本来ならば売上を達成するために同じ目標に向かっているべきなのですが、部署同士の利害関係が働いて双方の主張が対立してしまったり、上司・部下の関係に気を遣いすぎる人がいたりします。そもそも人との会話が苦手、説明をすることが難しい、自分の意見を主張することができないという人もいます。そのため、コミュニケーションスキルが重要といわれても、多くの人が関わることにより社内の連絡や情報伝達ミスが起こりやすくなる傾向があります。このようなさまざまな原因により、解決可能な仕事のはずなのに外部からの大クレームによりトラブルになってしまうことも少なくありません。そうなってしまうと、社内では感情的になってしまう人もでてくるかもしれません。ビジネスチャットはこのような状況のときに利用するとよいでしょう。電話はすぐに相手が出てくれれば便利なのですが、仕事のトラブルで相手に対して怒りを感じているときには感情が伝わりやすくなってしまいます。ビジネスチャットは一旦気持ちを文書にすることで一呼吸おくことができますので、冷静なコミュニケーションをとることが可能です。

続きを読む

メールからビジネスチャットにすることで変わる社内のコミュニケーションとは?

1401

かつては最重要のビジネスツールだった「メール」ですが、現在ではその役割をチャットに奪われるようになりました。社外とのやりとりにおいては、未だにメールが重要な役割を果たしていますが、社内連絡においては完全にチャットがメールの利便性を上回っているといえるでしょう。

メールは基本的に、個人対個人でのやり取りに特化したツールです。一度に多人数へメールを送るCC、BCCといった機能もありますが、基本的に「個人対個人のやり取りを複数回行う」という側面が強く、また基本的には一方通行の情報伝達になります。

続きを読む

社内コミュニケーションの重要性は計り知れない

0503

◆「大企業病」が蔓延する前に社内コミュニケーションの見直しを

企業の規模が大きくなると、高確率で「発症」してしまうのが、社内コミュニケーションの硬直化やセクショナリズムの蔓延といった「大企業病」です。社員数が多くなりすぎたため、自分と直接やり取りのある社員以外は顔も名前もわからない。隣の部署で何をしているのかも知らない、知らされない。これでは社内コミュニケーションなど生まれようはずもありません。

続きを読む