ビジネストレンド

ビジネスSNSを活用することで社外から問題発見の糸口を見つける

1101

mixi、GREEから広がった国内SNS利用

ビジネス利用、プライベート利用を問わず、今では誰もがSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用するようになりました。2004年にmixi、GREEというふたつの国産SNSが誕生して以来、日本国内でもSNSの認知度は向上し利用者は年々増していきましたし、2006年にアメリカでTwitterが誕生するや全世界的にSNSの輪が広がりました。

これらのサービス以外にも、LINE、Facebookなども定着しています。

日本においては、これらのSNSサービスはプライベート利用がメインとなっており、機密保持などの理由以外にも「プライベートとビジネスは切り分けたい」「ビジネスでつながっただけの相手にプライベートまで見せたくない」といった理由から、ビジネス利用はあまり活発ではありません。Facebookについては実名登録制、個人プロフィール欄の充実などからビジネス利用目的で使用されることも増えてきましたが、その場合もビジネス用の新アカウントを取得するといったケースが見られます。

続きを読む

Facebookを仕事で活用するのかプライベートか使い分けする必要性

1001

 今やFacebookはビジネスでもマストなツール!

昨今では、SNSのビジネスにおける利用価値が注目を集めています。とりわけFacebookはあらゆる面においてビジネス向きであり、ビジネスパーソンにとっては必要不可欠なツールと言っても過言ではありません。企業によってはFacebook登録が義務化されているほどです。

プライベートでの利用はもちろん、上司や同僚、取引相手に至るまで仕事上の円滑なコミュニケーションに利用できるのがその要因です。実名登録が原則となっているFacebookはユーザー本人のアカウントとしても信頼出来るものです。従来の電話番号、メールアドレスに代わり、名刺にFacebookのURLが記載されていることも珍しくありません。中には名刺の交換自体を旧時代的なものと考え、代わりにFacebookのURLを交換するビジネスマンもいます。

続きを読む

Facebookを活用して自分の会社を立ち上げる仕事人が増えている

0901

Facebookから始まるあなたのビジネス!

今や世界的規模で多数のユーザーを抱えるFacebook。ビジネスでの利用価値も注目を集め、多数の企業がFacebookにビジネス拡大の可能性を見出しています。その利用価値は事業の拡大だけにとどまりません。今では会社自体をFacebookで立ち上げてしまう人も増えているのです。

多くの企業が取得しているFacebookのビジネスアカウントですが、取得にあたり何か特別な申請が必要になるわけではありません。ビジネスアカウントとはつまり、特定サービスの「公式ページ」にあたるもの。ここでいうサービスの定義は会社、店舗、ブランド、製品 と広範囲にわたります。バンドマンが自分のバンド名でビジネスアカウントを取得するといったこともできるのです。

続きを読む

Facebookの拡散をビジネス活用する

0801

グローバルユーザーは15億人を越える!世界に拡散するFacebook

2004年、ハーバード大学の学生だった「マーク・ザッカーバーグ」を中心に生み出された「Facebook」。誕生から10年以上を経た今、Facebookの普及は世界規模となり、国境を超えたコミュニケーションツールとして人々に利用されています。全世界でのユーザー数は2016年4月時点で16億5,000人に昇り、日本国内だけでも2,400万人ものユーザーがいます。

続きを読む

5分で出来るストレスチェックの質問の意味

0701

「5分で出来るストレスチェック」とは?

仕事上のストレスを原因に不調を訴える労働者が増えています。厚生労働省の調べによると、2014年の自殺者のうち2,227人は仕事上のストレスを苦に自らの人生に幕を引きました。そうしたうつ病といったメンタルの病気を理由にした退職、自殺者の増加を防ぐため、2015年12月、国は従業員50人以上の企業に年一回のストレスチェックを義務付けました。

続きを読む