社内タスクの管理が楽

001

■メモが主流だった社内タスク管理から

仕事をしていると、次から次へと予定が決まっていきます。予定同士が絡み合い、複雑になっていく現在のビジネスシーンでは、しっかりとタスク管理をしていかなければいけません。そもそもタスク管理とは、自分がやらなければいけないことを管理することを指しています。

うまく管理することができれば、仕事の質も向上させることができ、業務の効率もあげることができます。
しかし、この管理は簡単なものではありません。頭で覚えておこうと思っても、何かが抜け落ちてしまったり、優先順位を間違えてしまったりする可能性もあります。忙しい状況で頭の中だけで管理するのは、到底効率の良い状況とは呼べないことでしょう。
従来のタスク管理は、メモやリストを使うことが多くありました。単純でわかりやすい方法ですが、物理的なものの場合紛失はもちろんのこと、出先まで必ず持って管理しなければいけないため、大変だと感じるかもしれません。リスト化したものも自身のデスクトップに張り付けておけば把握しやすくなりますが、やはり外には持ち出せないという点でメリットは薄いでしょう。
また、管理職の視点から見ると、社員のこうしたタスク管理はいささか把握しづらいものになってしまいます。個人個人のタスク進捗状況をそれぞれ口頭で確認しなければならず、部下が外出中であれば確認が取れないかもしれません。
002

■メッセージをそのままタスク管理に

こうした煩わしいタスク管理ですが、解決のためのツールが数多く存在しています。タスク管理専用のツールも登場しており、こうしたものを利用することで、自信のみならず社員間での管理の手間は省けるでしょう。しかし、タスク管理のためのツールでは使い方を覚えたり、導入に時間がかかってしまったりするかもしれません。実はTEんWAでは、このタスク管理をチャット上で完結させられます。
TEんWAでは社内での意思共有にメールの必要がなくなり、グループでのプロジェクト進行も充実しています。また、スタンプ機能も持っており、通常のコミュニケーションツールとしても有効に利用することができます。こうした中で相手に送ったメッセージや送られたメッセージをそのままタスクにすることができるのも特徴の一つです。ボタン一つでできる上、UIもわかりやすいので管理者にとっても把握しやすいといえるでしょう。
日々の業務において、複数のツールを使うことは手間が増えることにもつながるため、一つで完結するツールの利用は時間も手間も大幅に削減することができるようになるでしょう。データのやりとりに関しても、扱うツールが限定されていれば操作は煩雑になりにくくなり、管理しやすくなります。
また、タスク内容にスタンプ機能を使って進捗を記入したり、相手へ頼みたい仕事があるときにメッセージ送信にスタンプ機能を使ったりするのも有効な方法です。タスクといわれると気が重くなる社員も多くいますが、そのニュアンスをスタンプで伝えれば優先度がわかるほか、コミュニケーションを促進するきっかけにもなります。
003

■しっかりしたセキュリティがあるから生きるマルチデバイス対応

ビジネスチャットに様々な効果を求める場合、社外でのやり取りを実現するマルチデバイス対応やセキュリティの充実が重要視されます。タスク管理一つとっても利便性に富むツールですが、それらの機能を集約していくとどうしても重要な情報がTEんWA内部にたまりがちです。ビジネスチャットでは重要な情報も流れる場所であるため、タスクやファイル管理もあるとなれば不安となるかもしません。その点、TEんWAはビジネスで必要なセキュリティレベルが確立されているため問題になることなく利用可能でしょう。スマートフォンやタブレットでもやりとりをすることができれば、それだけ機動性を高められます。これも確実なセキュリティを誇っているからこそ、マルチデバイス対応がタスク管理に生きてくるといえるのです。

ビジネスチャットTEんWAについて

※記載の会社名・商品名・ロゴマーク等は各社の日本および他国における商標または登録商標です。

コミュニケーションデータを分析する未来価値【前編】

コミュニケーションデータを分析する未来価値【後編】

なぜビジネスの場でLINE(無料のコミュニケーションツール)がだめなのか

企業版LINEの選び方

社内SNS(ビジネスチャット)でも「スタンプ機能」がある理由

取引先との関係性も向上!ビジネスチャットのメリット

鬱や業務負担をチャットで気づいてあげられる仕組み

オンプレにも対応のビジネスチャット