コミュニケーションデータを分析する未来価値【後編】

%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%8b%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%92%e5%88%86%e6%9e%90%e3%81%99%e3%82%8b%e6%9c%aa%e6%9d%a5%e4%be%a1%e5%80%a4201

ビジネスチャットの傾向を分析することで、チームの傾向が可視化できるのは、業績を上げるうえで大きなメリットです。スタンプの使用頻度やよく使用されているスタンプの種類はどういったものか?などの内容は、チームの傾向分析や事業への貢献度、業務ストレス、メンタルヘルスの確認などといったことに役立てることができます。

ビジネスチャットの分析の重要性

チャットを分析することで、なぜそのようなポイントが見えてくるのかというと、チャットは丁寧な冒頭文や硬い雰囲気がなく、気軽にできるところがあります。仕事上でちょっとうれしいことがあっても、わざわざ上司にメールで報告する気にはならないことが多いでしょう。また気になることがあっても、それがちょっとしたことであれば誰にも言えずに悩んでしまうこともあるかもしれません。しかしチャットであれば、気軽に使用できるのでちょっとした報告や疑問などを伝えることができるのです。

このちょっとした連絡や報告が、チームのコミュニケーションづくりには大切なことです。隣の席の人に気軽に話すように、遠くにいる人や先輩にも、気軽に対話できるのがチャットの魅力となっています。

%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%8b%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%92%e5%88%86%e6%9e%90%e3%81%99%e3%82%8b%e6%9c%aa%e6%9d%a5%e4%be%a1%e5%80%a4202

 

分析で可視化されたデータを利用して働く環境を向上させる

ビジネスチャットを分析することで得られるデータからは、スタッフの気持ちや職場の雰囲気、仕事内容、チームでの役割などが見えてきます。そこからは、現在社内が抱えている問題や改善点などが分かるため、それを改善していく目安になるのです。

具体的な話の内容によっても改善点は見えてきますが、チャットの傾向を見ることが一番大切です。具体的な内容のひとつひとつは、どのチームでも見られる可能性があるかもしれません。しかし、チャットの傾向を見てみることで、成功しているチームとそうではないチームが出てきます。チャットが導入されスタンプが用意されているという同じ条件のもとでも、分析をすると違いがあるものです。そこで、チームワークが取れていて業績にも反映されているチームは、どういった職場環境で仕事をしているのかという点から考えることができます。

チームにおける業績が向上しているチームは、例えば、チャットをきちんと使用できる環境があったり、時間を作っていたりしているかもしれませんし、福利厚生がきちんと整備されていて、それをしっかり利用できる職場環境になっているのかもしれません。子どもがいるスタッフは、それを助けてくれるスタッフ同士の絆があるのかもしれません。仕事の量が多くて残業ばかりなのか?定時できちんと帰れるのか?といった内容も見えてきます。チャットやスタンプの使用の傾向により、働いている環境についても見直す点が見えてくるのです。

%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%8b%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%92%e5%88%86%e6%9e%90%e3%81%99%e3%82%8b%e6%9c%aa%e6%9d%a5%e4%be%a1%e5%80%a4203

 

社員にとって仕事がしやすい職場環境にするために

仕事を続けていくうえで、働く環境は重要です。いくらチャットを導入しても、それが活用できなければチームワークの活性化は望めませんし、業績の向上も期待できません。社員にとっては気持ちよく働ける職場であることが、業績の向上にもつながっていくのです。

また、チャットを導入することで、社内での問題点も浮かび上がってきます。メールだけで連絡を取っていたときと比べると無駄がなくなり、スピーディな対応ができるようになってきて、本来の業務を遂行できるようになるでしょう。さらに、チャットをスムーズに履行できるようになる環境にはどういったものが必要か?という点も把握できるようになります。

他には、チャットを分析することで見えてきた問題点を改善することで、さらに働きやすい環境を手に入れることができ、チームワークの向上、業績のアップにつながっていきます。このことから、チャットの導入は職場環境をよくし、会社の売上アップにつながるというメリットがあるのです。福利厚生をはじめ職場環境を整備することで、企業の信頼度も高まるでしょう。

TEんWAではチームワークを活性化させるための分析を取り入れ、業績の向上を行うことができます。効率化を図るための通知機能や、スタンプを活用したコミュニケーションでスタッフにとって働きやすい環境を作るお手伝いができると考えています。

ビジネスチャットTEんWAについて

※記載の会社名・商品名・ロゴマーク等は各社の日本および他国における商標または登録商標です。

コミュニケーションデータを分析する未来価値【前編】

コミュニケーションデータを分析する未来価値【後編】

なぜビジネスの場でLINE(無料のコミュニケーションツール)がだめなのか

企業版LINEの選び方

社内SNS(ビジネスチャット)でも「スタンプ機能」がある理由

取引先との関係性も向上!ビジネスチャットのメリット

鬱や業務負担をチャットで気づいてあげられる仕組み

オンプレにも対応のビジネスチャット