業務効率

チャットで行うToDo管理

001

■やらなければいけないことを管理する
ToDo管理という言葉が、浸透しつつあります。英語を直訳すれば、「すること」という意味がありますが、だんだんと「するべきこと」という意味で使われるようになりました。これは、「スケジュール内でするべきこと」という意味であり、ビジネスにおいては「仕事の管理」という意味を持ちます。このToDo管理は、スマートフォンやタブレットの進化により、大きな発展を見せた部分でもあります。

続きを読む

ビジネスチャットで生産性向上

shutterstock_360398336

■無駄を減らすことが生産性の向上へ

ビジネスシーンでは、納期やプロジェクトの進捗に間に合うように時間との戦いになる場面も少なくありません。とはいえ、残業をすることで自身のこなせる仕事量の限界値を増やしていては本末転倒です。いかに短時間で仕事を仕上げられるか、質を保ったうえで効率化を行うことが大切になります。これが売上の向上に寄与するわけですが、具体的にどうすれば効率化を図ることができるのでしょうか。

続きを読む

ビジネスチャットで簡単議事録共有

shutterstock_100835083

■ビジネスチャットで会議

ミーティングやカンファレンスといった場で、どうしても開催までに時間がかかってしまうとお悩みではないでしょうか。参加者を集めるための挨拶周りはもちろん、資料の準備、移動時間、さらには手際よく行うためのレジュメ作成や事前に伝えておくべきことなど、開く側の負担は予想以上に大きいものです。

続きを読む

ツールを導入して満足する企業が多い?

001

■導入したら効果が上がるわけではない

IT技術を、積極的にビジネスシーンに取り入れようとする流れが加速しています。これまではWEB業界をはじめとした一部の企業での導入が目立っていましたが、こうしたツールは現在では非常に広い分野で利用が可能になっています。さらに、導入により大幅な効率化が可能なものも少なくありません。特にクラウドサービスは、業務効率化を考える企業での需要が増え、近年では様々な分野にツールが波及し、種類が大幅に増えてきています。

続きを読む

客先で困った!ビジネスチャットだからできる即対応

001

■ビジネスシーンにおける時間の重要性

営業担当者は、商談をはじめとしたさまざまな場面で多くの知識は持っていなければなりません。それは、客先で突然予想もしなかった質問を貰ったり、自社製品について細かい部分まで説明が求められたりすることがあるからです。中には、予想していなかった資料を求められたり、別の商材についても検討したいといった返事をその場でもらったりすることもあるでしょう。

続きを読む

「後で返信」機能について

001

■いつも手が空くとは限らない

日々忙しいビジネスシーンの中で、手が空く時間は限られています。ビジネスを行う上で、やらなければいけないことは多く、なかなか他のことにまで手が回せないということもあるでしょう。しかし、後で返信しようと思ったメールも、業務が忙しくなってくると、そのまま忘れてしまう可能性もあります。

続きを読む

社内タスクの管理が楽

001

■メモが主流だった社内タスク管理から

仕事をしていると、次から次へと予定が決まっていきます。予定同士が絡み合い、複雑になっていく現在のビジネスシーンでは、しっかりとタスク管理をしていかなければいけません。そもそもタスク管理とは、自分がやらなければいけないことを管理することを指しています。

続きを読む

外部とのやり取り

001

■アウトソーシングの活用と連絡

社内資産を活用することは大切ですが、仕事のすべてが社内で完結できるわけではありません。業務の内容や社内リソースの状況によってはアウトソーシングを利用したほうが良いと判断するケースがあることでしょう。そんな外部とのやり取りといえば、かつては電話が主流でした。また、内容が難しい場合には直接出向いて説明することもありました。

続きを読む

業務効率化をはかるために!こんな事例にチャットは強い!

39-1

☆いつでもどこでも即会議!?グループ内での意思決定が簡単に

最近では、社内SNSが電話やメールと並ぶ新しいコミュニケーションツールとして注目されています。その大きな理由は、チャット機能によって仕事の効率化が図れるからです。例えば、部署内で意見をすり合わせて早急に決定しなければならない事柄ができたとしましょう。しかし、メンバーの多くは出張や営業回りなどで外に出ており、すぐに会社に戻ってくるのは不可能です。このような場合、従来ならば上司がひとりひとりに電話をかけて、意見を取りまとめなければなりませんでした。しかし、例えばビジネスチャットのようなチャット機能のあるSNSがあれば、全国どこにいようともその部署専用のチャットルームを構築して即席の会議を開くことができます。全員同時に話し合いができるので、電話でAとBが話し合い、それをAがCに伝え、そこで問題点が浮かび上がったらまたBにかけ直すなどとやるよりも遥かに効率的です。今までも、ビデオ会議やweb会議などといった遠く離れていても会議ができるツールはありましたが、それなりの設備や準備が必要となり、緊急の場合には不向きでした。チャットならばスマートフォンがあればいつでもどこでも関係スタッフ全員が集結して、即座に意思決定を下せるのです。

続きを読む

業務効率化のための最適なツール!ビジネスチャット

38-1

☆情報伝達がスムーズに!

会社での業務の中で、1人で完結する仕事はそれほど多くないのではないでしょうか。他部署との連携が必要な場合や、上司や同僚と一緒に仕事をすることがほとんどでしょう。仕事中に急いで確認したいことがあり、別のフロアにいる人に何度も電話したけれど出ない。留守電に入れたけれど聞いてもらえているだろうか、メールしてみようか、と思ううちに時間だけが過ぎていってしまう。このようなことは、よくあることです。また、自分がそうであるということは、他の人も似たような状況にあるということが考えられます。このちょっとした時間を有効に活用することに業務効率化のヒントが隠されていることがあります。

続きを読む