社内コミュニケーション

出張中でも社員管理

001

■出張に出てしまったときでも
管理者の仕事というのは、業務を見張るだけではありません。その進捗をコントロールし、全体を適切な状態に保つことが求められます。不満なども出てくることがありますが、その都度解決して、円滑に進めるようにすることが仕事です。その管理者が不在となると、プロジェクト自体がバラバラになってしまうこともあります。

続きを読む

リアルタイムコミュニケーションの重要性

001

■リアルタイムコミュニケーションはなぜ大切なのか

コミュニケーションを取る際には、お互いができるだけ素早くレスポンスを返すことが重要です。何か疑問がある場合でも、素早く連絡を取り、解決方法を模索することができれば、わからない、進めることができないといったリスクを、顕在化する前に摘むことができるでしょう。また、コミュニケーションを取ることで、新しい企画が生まれたり、気づかなかったリスクを発見できる場合もあります。

続きを読む

在宅勤務でもコミュニケーション

shutterstock_374282575

■時代とともに変化する働き方

近年ではICTの発達により、必ずしもオフィスで働く必要がなくなってきた仕事も多くあります。デザイナーやライターといった特定の職業の場合、在宅勤務を行っている会社が多く存在しています。通勤時間をなくし、自身のリラックスできる環境で仕事をすることは大きな効率化であり、労働生産性の向上が期待できます。

続きを読む

言葉では言えない社員の本音

shutterstock_411902782

■コミュニケーション手段として

人間にはタイミング・環境によっていろいろな心理が働きます。普段から言いたいことがあっても、その人を目の前にすると、申し訳ない気持ちが出て言えない・・・なんて経験は誰しもがあると考えられます。ビジネスシーンでも同様に、言いたいことをなかなか口にすることができずに、もやもやしてしまう経験をお持ちの方も少なくありません。
続きを読む

アプリで広がる社員コミュニティ

001

■IT化と機器の多様化

現在では、プライベートでもビジネスシーンでも、多くのデジタル機器やインターネット端末を当たり前のように利用する時代になりました。スマートフォンの普及率もうなぎ登りに増加し、ガラケーを使用する人の割合はかなり減少してきました。

続きを読む

社内掲示板としての活用法

001

■効果を発揮しにくくなった社内掲示板

小規模オフィスで業務連絡を行う場合、全体に周知させるには多少声を張り上げれば通じます。しかし、現在は多様化する業務に追いつくために様々な技術や能力をもつ社員を雇用する企業も少なくありません。オフィスが同じフロア内でも仕事内容によって区分けされていることも多く、ぞの一部に周知させる内容ならば、大声で話すことは適切な方法ではないでしょう。

続きを読む

実例から学ぶ!社内コミュニケーションの改善法

50_1

☆レクリエーションを利用した事例

会社でビジネスチャットを利用するときは、仕事だけにとどまりません。社内では様々なイベントや集まりがあるのではないでしょうか。仕事以外での社員交流も時にはあるでしょう。例えば社内ゴルフコンペ、BBQなどのイベントや、プロジェクトが無事終了したときにメンバーが集まって食事をする、などです。そんなときにもビジネスチャットはとても便利です。

続きを読む

社内コミュニケーションを活性化させるコツとは!?

49-1

☆オープンな空間を作る

社内の報告メールなどでは「お疲れ様です」に始まり「つきましては標題の件、ご確認よろしくお願いします」などと書きますが、これを毎回行うことに堅苦しさを感じる人も多いでしょう。中には、メールでのやりとりが億劫だという人もいるかもしれません。このような思いでいるとなかなか社内のコミュニケーションは活発化しません。そこで、ビジネスチャットを導入するともっと手軽にやりとりをすることができます。手軽さがコミュニケーションの活発化につながります。たとえばメールでは「ありがとうございます」「よろしくお願いします」などと書きますが、ビジネスチャットではこのような言葉をスタンプで代用することもできます。自分の書き込みに対して相手がかわいらしいスタンプで「よろしくお願いします」と返して来たら少し親しみがわきませんか。とりわけ、ふだんチャットでやり取りをすることが多い新入社員や若手社員などはこちらのほうが連絡しやすいと思えるのではないでしょうか。このように、かしこまったメールよりもオープンな環境を作り出すことができるビジネスチャットは、社内コミュニケーションの向上には適した連絡ツールといえるでしょう。

続きを読む

内定者とのやり取り

001

■応募者とのコンタクト手段

就職活動やインターンシップによって、学生と企業が関わりを持つ場面は多くなってきました。就職活動中の学生が希望企業に対して、メールなどを使い連絡することもあり、さまざまな情報を提供し共有することによって、お互いにとって有益な就職活動が可能になるためです。

続きを読む

社内コミュニケーションにおける課題

48-1

☆社内コミュニケーションの問題は業務の妨げになる!?

社内のコミュニケーションが上手くいっている会社は、働きやすい会社というイメージがありますが、円滑な社内コミュニケーションが行われていることのメリットはそれだけではありません。社内で情報共有が行われるスピードが速くなると、さまざまなレベルの意思決定が早く行われるようになるメリットがあります。ビジネスにおいて競争に勝ち抜くためには、スピードは大切な要素です。また、社員間で気軽にコミュニケーションが取れる会社では、自由な意見交換の中から独創的なアイデアや他社に先駆けた戦略が生まれやすいというメリットもあります。

続きを読む